淋病に感染したら気を付けたい事

感染しないことがとても大切であるのが性病ですが、もし掛かってしまったときのことを知っておく必要があります。日本人が掛かりやすいと言われているクラミジアや淋病は特に注意であり、適切な方法で対処しなければなりません。

 

感染したら気を付けなければならないこと

他の人に感染させる可能性があることを知っておきましょう。

性病はセックス以外では感染することはありません。性病に感染した人と一緒に入浴しても、同じ食事をしても、感染することはありません。性病で治癒が不可能であるHIVでも同じことが言え、普通の生活ではまったく怖くはありません。

しかし性病に感染した人とセックスをすることで感染をします。粘膜が触れたり、精液や膣分泌液を通して感染をします。ちょっとした出来心で一夜を過ごし、そこから大切なパートナーに移してしまうことも考えられます。感染したら気を付けなければならないことは、大切な人に感染させる可能性があることです。

 

自覚した場合は早急に病院へ

感染した場合、そのままにしておくと不妊症になる可能性があるのが淋病とクラジミアです。

特に淋病は男女ともに不妊症の原因になりますので、早急に病院に掛かることが大切です。抗生物質を投与することで、症状は進んでいなければ簡単に治すことができますが、完治させるようにしてください。不妊になることで後悔してしまうこともありますので、自覚した場合は早急に病院で診察を受けましょう。

 

ただ自覚することが少ないのが淋病

病院に行くことができれば良いですが、自覚症状がないのも淋病やクラミジアの特徴です。

特に女性はどちらとも症状がでにくい特徴があります。男性の淋病は性器に異常を感じることが多いですが、女性は無自覚のことが多いです。

骨盤内で症状が広がり、それによって自覚症状がでて、診察の結果淋病やクラミジアが原因であり、卵管炎などの症状によって不妊症になることがあります。自覚がないのが淋病やクラミジアの怖さになることから、他に対策を検討する必要があります。

 

心当たりがひとつの対策

もし今までに心当たりがあるセックスをした場合、なるたけ検査を受けた方が良いことになります。極端な話になれば、セックスの経験がある人は一度検査を受けるべきです。

また新しいパートナーが見つかった場合は、なるたけ二人で検査を受けるようにした方が良いでしょう。確かに受けにくく一緒に検査をするなんて簡単なことではありませんが、互いのことを大切に想うのであれば、受けることが推奨されます。

 

手軽に検査をする方法

病院や一部の保健所で検査を受けることができますが、恥ずかしい気持ちや自覚症状がない場合、保険診療ができないことで高い費用を請求されることがあります。そのような事情により、なかなか性病検査が普及しない現状です。

しかしそのような事情を汲んで解決しながら、性病検査を受ける方法もあります。それは検査キットを使うことです。ネットで購入して、キットの指示に従い検査をして、後は郵送をするだけです。結果はインターネットなどでプライバシーを守りながら知ることができます。保険診療ができない病院の検査よりも安くなることから、おすすめな性病検査方法です。

 

恥ずかしいから手遅れになる

性病は恥ずかしいからこそ、手遅れになる病気です。しっかり治療をすれば完治する病気も多いですので、自覚症状がある場合はラッキーと感じ、心当たりがある場合は検査を受けるようにしましょう。